PR
スポンサーリンク
楽天モバイル

LCCの7kg制限を楽々クリア!賢いパッキング術

旅行
記事内に広告が含まれています。

こんにちは、旅行好きの皆さん!LCCを利用する際、手荷物の7kg制限に頭を悩ませたことはありませんか?今日は、そんなお悩みをスマートに解決する方法をご紹介します!追加料金なしで、効率的に荷物をパックするコツから、旅のトラブルを避ける方法まで、この記事でバッチリ解説しますよ!さぁ、快適な旅の準備を始めましょう!

 

 

スポンサーリンク

LCCの手荷物制限を賢く攻略

LCCを利用する際、最も気をつけたいのが手荷物の重量制限です。多くのLCCでは、機内に持ち込める手荷物の重量制限が7kgに設定されています。これを超えると追加料金が発生することも。しかし、この制限を賢くクリアする方法があります!

 LCCの手荷物7kg制限とは?

では、7kg制限をクリアするための具体的なコツを見ていきましょう。まず、重い物は基本的にチェックイン荷物にするか、必要なければ持っていかないのが鉄則です。しかし、チェックイン荷物にも追加料金がかかるため、必要最低限のアイテムを選ぶことが重要。具体的には、重量のある電子機器や、大きな化粧品は極力避け、旅行中に必ず使うものだけを選びましょう。また、衣類は折りたたみ方を工夫することで、スペースを取らずに持っていくことができます。例えば、ロール状に丸めることで、スペースを有効活用できるんですよ。さらに、小分けにしたジップロックバッグを使うことで、小物をまとめて、かさばりを抑えることができます。液体物は100ml以内の容器に入れ、透明な袋に入れておくことが国際的なルール。このように、荷物を選ぶ際には、重量だけでなく、搭乗時の検査をスムーズにするための工夫も必要です。

 追加料金なし!7kg以内に収めるコツ

LCCを利用する際、7kgの制限内に収めることは重要です。そこで、追加料金なしでこの

制限をクリアするためのコツをいくつかご紹介しましょう。まず、旅行の期間と目的に合わせて必要なものをリストアップしましょう。短期間の旅行であれば、必要最低限の衣類とアイテムで済ませることができます。次に、軽量で多機能なアイテムを選ぶことがポイントです。例えば、タオル一枚で体を拭くこともでき、枕としても使えるアイテムなど、一つで複数の役割を果たすものを選びましょう。また、トラベルサイズの化粧品や、小さく畳める雨具など、コンパクトなアイテムを選ぶことも重要です。最後に、荷物をパックする際には、空間を有効活用しましょう。靴の中に小物を入れる、衣類をロール状にして隙間に納めるなど、スペースを最大限に活用する方法を取り入れてみてください。これらのコツを使えば、7kg制限を超えることなく、必要なアイテムを全て持って行くことが可能です。

キャリーケースではなくトラベルリュックを使う
キャリーケースはすごく軽いものでも2kgほどですがこのトラベルリュックなら660gとペットボトルほどの重さしかありません。つまり!のこり6kgほど荷物を持っていくことに使用することができます。1泊程度や夏など衣類がかさばらない季節はこのリュックが安心です。
気になる場合は、とりあえず買い物かごに入れておきましょう。

どうしても大容量が必要な方はこちらがおすすめ!重さは1.1kgです。

 荷物を最適化するパッキング術

次に、荷物を最適化するためのパッキング術を見ていきましょう。賢いパッキングは、旅をもっと快適にし、同時に手荷物制限をクリアする鍵となります。

必需品だけを持っていくコツ

旅行で本当に必要なものだけを持っていくことが大切です。まず、旅行の目的と期間を考慮して、本当に必要なアイテムをリストアップしましょう。例えば、ビジネス旅行であれば、スーツやネクタイなどのフォーマルな衣類が必要ですが、リゾート旅行では、カジュアルな衣類と水着が中心になるでしょう。また、電子機器も重要なポイントです。スマートフォンやタブレット、充電器など、旅行中に必要なものだけを選び、余計なアクセサリーは極力省きましょう。トラベルサイズの洗面用具や、小さなファーストエイドキットも持っていくと便利です。服装に関しては、着回しがきくアイテムを選ぶことが重要です。色やデザインが合わせやすく、複数のシーンで使える服を選ぶことで、荷物の量を減らすことができます。

 服装と荷物の賢い組み合わせ

旅行中の服装選びも、荷物を最適化する重要な要素です。ポイントは、着回しがきくアイテムを選ぶこと。例えば、中性的な色合いのトップスやボトムスは、さまざまな組み合わせで着ることができ、一つのアイテムで複数のスタイルを作ることが可能です。また、重ね着ができる服を選ぶことで、天候の

変化にも対応しやすくなります。軽くて温かいカーディガンやショールは、寒暖の差が大きい場所でも役立ちます。さらに、洗濯してすぐ乾く素材の服を選ぶことで、衣類の持ち数を減らし、パッキングの効率を上げることができます。シューズについては、快適で歩きやすいものを選びましょう。長時間の散策やアクティビティにも対応できるスニーカーや、フォーマルな場面にも合うスリッポンがおすすめです。これらをうまく組み合わせることで、手荷物を軽減しながら、旅のあらゆるシーンに適応できます。

 旅行中のトラブルを避けるために

LCCでの旅行は手軽で便利ですが、いくつかのトラブルに遭遇する可能性もあります。これらのトラブルを避けるための対策を事前に知っておくことが重要です。

 制限超過時の対処法と予防策

まずは、手荷物の制限超過を避けるための対策です。重要なのは、事前に航空会社の規定を確認し、荷物の重量を事前に計ること。これにより、空港での突然の制限超過というトラブルを回避できます。もし制限を超えてしまった場合は、追加料金を支払うか、荷物を軽くする必要があります。追加料金は高額になることが多いので、可能な限り荷物を減らすことをおすすめします。不要なアイテムは家族や友人に預ける、あるいは送ることも検討しましょう。また、荷物が紛失するリスクも考えて、重要なアイテムは手荷物に入れておくことが大切です。貴重品や重要書類、必要な薬などは、常に身の回りに保管しておくようにしましょう。

事前に計量するのがおすすめです

体調管理

楽しい旅行が体調不良や整理で台無しになってしまうのは残念です。旅行の計画を立てる際には、健康管理や持病の薬を忘れずに準備しましょう。また、女性の方は生理用品を持参し、急な体調の変化に備えることが大切です。低用量ピルなどを使って整理周期を調整することも検討できます。旅行前に十分な睡眠を取り、栄養バランスの良い食事を心がけることで、体調を崩さずに楽しい思い出を作ることができます。旅行先でも無理をせず、自分の体を大切にしながら、素晴らしい時間を過ごしてください。

低用量ピル・避妊薬 300 × 250

 

 安全かつ快適な旅のための最終チェックリスト

旅行の出発前には、忘れ物がないか確認することが大切です。ここで、安全かつ快適な旅のための最終チェックリストをご紹介します。まず、必要な身分証明書やパスポート、チケット、予約確認書などは、手荷物のアクセスしやすい場所に入れておきましょう。これにより、空港での手続きがスムーズになります。次に、手荷物の重量をもう一度チェックし、必要ないものは取り除きます。これにより、最後の瞬間に制限超過に気づくというトラブルを避けられます。そして、携帯電話やタブレット、カメラなどの電子機器の充電を確認し、充電器も忘れずに持っていきましょう。長旅でバッテリーが切れることを避けるためにも重要です。最後に、荷物に名前と連絡先のタグをつけ、万が一の紛失に備えます。これにより、万一の事態が起きたときに、迅速な対応が可能になります。

まとめ

LCCは荷物が少ない場合、軽い場合は安く利用することができます。しかし、荷物が7kgに抑えられない場合は決して最良な選択とは言えません。JALやANAなど大手航空会社のツアーやパック商品、セールなどを利用するほうが安く快適な旅をすることができます。万が一欠航などが起きた時も大手航空会社のほうが補償があり良いです。LCCだけでなく、大手航空会社でも検討してみることをお勧めします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました