PR
スポンサーリンク
楽天モバイル

楽天ひかりの工事費用が不要な場合とは?

インターネット
記事内に広告が含まれています。

楽天ひかりの工事費用が不要な場合とは?

楽天ひかりを利用する際、場合によっては工事費用が不要になることがあります。以下では、工事費用が不要になる具体的なケースと、同様に工事費が不要な他の光回線事業者を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

楽天ひかりの工事費用が不要なケース

1. 既にNTTフレッツ光や光コラボの設備がある場合

楽天ひかりはNTTフレッツ光の回線網を利用する光コラボレーション回線です。そのため、以下の条件を満たしている場合、新たな工事は不要です:

  • NTTフレッツ光を契約している住宅
    既にNTTフレッツ光を利用している住宅では、回線設備が整っているため、楽天ひかりに切り替える際に工事が不要です。

  • 光コラボレーション事業者を利用している住宅
    ドコモ光、ソフトバンク光など、他の光コラボ事業者の回線を利用している場合も、NTTの設備をそのまま利用できるため、工事は不要です。

2. 他の光コラボ事業者から楽天ひかりに乗り換える場合

光コラボ事業者間の乗り換え(事業者変更)の場合も工事は不要です。この手続きでは、現在利用中の光コラボ事業者から「事業者変更承認番号 」を取得し、それを楽天ひかりに提供することで、機器の接続設定を変更するだけで利用が開始できます。

3. 既存の光配線方式やVDSL方式の設備があるマンション

マンションのインターネット環境によっては、以下のようなケースで工事が不要となることがあります:

  • 光配線方式のマンション
    各部屋まで光ファイバーが導入されている光配線方式のマンションでは、既にNTTフレッツ光の設備が整っているため、工事なしで楽天ひかりの利用が可能です。

  • VDSL方式のマンション
    VDSL方式では、集合住宅の共有装置(MDF)まで光回線が届いており、そこから各部屋に電話線で信号が送られます。この場合、室内に光コンセントはありませんが、工事なしでインターネットが利用できます。

工事費用が不要な光回線事業者

以下の光回線事業者も、特定の条件下で工事費用が不要となる場合があります:

  • ドコモ光
    NTTフレッツ光の設備を利用するため、既にNTTフレッツ光や他の光コラボ事業者の回線を利用している場合、工事費用が不要です。

  • ソフトバンク光
    NTTフレッツ光の設備を利用しているため、既存のNTTフレッツ光や光コラボ事業者の設備がある場合、工事費用が不要です。

  • ビッグローブ光
    NTTフレッツ光の回線を使用するため、既にNTTフレッツ光や他の光コラボ事業者の設備が整っている場合、新たな工事は不要です。

  • OCN光
    NTTフレッツ光のインフラを利用するため、既存のNTTフレッツ光や光コラボ事業者の回線設備がある場合、工事費用がかかりません。

  • @nifty光
    NTTフレッツ光の設備を使うため、既にNTTフレッツ光や他の光コラボ事業者の設備が整っている場合、新しい工事は不要です。

これらの事業者は、光コラボレーションモデルを採用しているため、NTTの回線を流用できる場合には工事費用が発生しません。工事費用を抑えたい場合は、現在のインターネット回線の状況を確認し、これらの事業者への乗り換えを検討してみてください。

乗り換えの手続き

①楽天ひかりに申し込む

他社ひかりコラボ、フレッツ光から乗り換えの場合は事前に承認番号が必要になります。

ネットもしくは電話で現在契約中の事業者から取得します。

承認番号の取得方法

②申し込み後7日ほどで「開通通知書(契約内容およびアカウントのお知らせ)」が届きます。

③工事が不要な場合は、原則設定などを変更せずそのまま利用することが可能です。場合によっては、設定が必要になるかもしれません。

まとめ

楽天ひかりの工事費用が不要になるケースは、既にNTTフレッツ光や光コラボ事業者の設備が整っている場合や、光配線方式やVDSL方式のマンションに住んでいる場合などです。工事費用を抑えたい場合は、これらの条件を確認し、該当するかどうかを事前にチェックすることが重要です。

同様に、他の光コラボ事業者もNTTの設備を利用するため、工事費用が不要となる場合があります。詳細については各事業者の公式サイトやサポートセンターに問い合わせて確認してください。

楽天モバイルとセットで使えばおトク!【楽天ひかり】

コメント

タイトルとURLをコピーしました